Concept


HOME > STATEMENT

何を表現したいのか、なぜ描くのか・・・

私の絵は「イメージの集積」であると言える。
対象物や記憶の断片を鋭い直観力と心のままに、下書きなしでキャンバスに直接イメージを置いていく。

対象物や記憶の断片を描いているプロセスで全く違ったものを感じたり、
突然、画面上に現れたイメージの断片が思いもよらぬシグナルで語りかけてくることがある。
そして、その過程に誕生した造形に導かれるようにして、また、イメージの深淵へと階段を下りてゆく。

私は、その作業が「感じ取る」という本来の行為だと信じている。

そして、それら次々と心に舞い降りたイメージを同一平面上に重ね描くことによって、
本来の対象物や記憶の断片の真実の姿がキャンバス上に形成されると信じている。

イメージを繰り返し同一平面上に集積させることによって、対象物、記憶の断片が再構築されて
全く新しいイメージが生まれることを期待して描いている。

その結果、イメージの集積によってもたらされた真実の様相が、そのもの自体を超越することを望んでいる。
対象物や記憶の断片を描きつつ、どこにも存在し得ないものを描きたいという願いをもって制作している。

「現実を描きながらどこにもないものを描く」ことが創作の原動力なのである。
20180605164926_IMG_1373.JPG

What I want express.....Why I paint.....

My works are, as it were,"accumulations of images".

I put objects, fragmentary memories and images directly on canvas working with deep intuition, trying to liberate my spirit.

I sometimes feel I see totally beyond the objects, fragmentary memories, and images during my painting process.

Discoveries appear and startle me.

I HEAR the images on canvas, and they burst out, communicating to me with unexpected signals, and signs.

Then, I go down the stairs towards the depth of the images, being led by formative shapes which are continually transforming in the process.

I believe that the process of my work is none other than a natural act of "Awareness".

As a result, while the natural appearance of the objects, fragmentary memories, and images from making layers of the images repeatedly in the same location.

It's as I pile up the images as they flutter lightly down into my mind.

I believe firmly that the objects, fragmentary memories, and images should be reconstructed by putting layers of the these one on top of another.

Thus, I aim to create totally new images.

And, in the end, it is my desire that the outcome of the final appearance transcends the substance.

I produce my work with the intention of expressing something nonexistent, although I paint actual objects and their images.