HOME > EXHIBITION

色彩と元型の研究

2015.11.16-21 ギャラリー白(大阪)

制作に蛍光顔料を多用します。

あたかもそのものが光り輝くように見えるのは、
蛍光色の物体に光があたったとき、その光のうち紫外域の光線や紫や青い波長域の光線が吸収されて、
別の可視域で放出されるからです。

人工的な色です。037.JPG

無意識に使用していた蛍光色に着目すると、そのような人工的な色彩から、不健康、浅はかさ、悲しみ、
非永続性、毒・・・を感じていることに気づきました。


個人的無意識です。

にがいだけのジェリービーンズ。
オレンジの味がしないオレンジジュース。
花屋で色水を飲まされているスイトピー。
凍えるような寒さのなかでも咲き続けるように改良されたパンジー。

個人的無意識を意識の表層に目を向けるとこのように翻訳されます。

ただ、このような浅はかで、非永続的な世の中を享受することに魅力を感じている自分がいます。

小さな自分の世界で個人的無意識を見つめる作業としての制作に、さらに可能性を与えるとすれば、
その深部に存在する集合的無意識に思いをはせることも興味深いと思いました。

「表象可能性の遺産として、個人的ではなく、人類に、むしろ動物にさえ普遍的なもので、個人のこころの真の基礎である」

「人間の普遍的無意識の内容の表現のなかに、共通した基本的な型を見出すことができると考え、
ユングはそれを「元型」と呼んだ。」

「・・・つまり、われわれ人間の知的なレベルではなく、もっと深いレベルにおいて、原始的な心性に通じる、
表象の可能性が存在し、それらを、ある程度、類型的に把握することが可能である・・・」

047.JPG
われわれが毎日を生きるうえで、「神話」や「信仰の対象」のとらえ方が多様化し、
ユングの生きた時代でいう「普遍性」の対象が、そのまま現代に当てはまるかは少し修正が必要かもしれませんが、それが何らかの視覚的イメージに昇華したとしても、
現代における「元型」を可視化したものに他ならないのかもしれません。

今回の展覧会にあたり、人の意識や無意識の領域にチャレンジする意図はありません。

魅力を感じるこの人工的に光り輝く色彩を、ただ自分だけのために研究してみました。

※河合隼雄 「ユング心理学入門」参照

051.JPG








the Cords -∞-

2012.10.29 - 11.4 Toki Art Space (東京)

評論と感性のはざまで・・・

今回、東京で初個展をしてことで目の当たりにしたことは
「なぜ?このサイズのキャンバスとこのサイズを貼り合わせているのか」とか
「なぜ?この高さで展示してあるのか」
「なぜ?この作品だけ仮縁をつけてあるのか」という
ひとつひとつの支持体の意味を問うものであったり
コンセプトに添うものかどうかを吟味するような視線でした


IMG_0065.JPG

それは正直とても驚きでしたが
のちに どうしてそのような形態の作品を制作したのかを考えてみると
オブジェクトのイメージを振幅 増殖 するために
製作途中でいろいろな角度から眺めたり 加筆することがあるからだと
気がつきました

IMG_0054.JPG
イメージの振幅 増殖をさせるためには
1枚より2枚の支持体を並べて描き その都度いろいろな角度から観察し
イメージをまた膨らませる作業が「イメージの集積」という
私の表現方法を飛躍的に倍増させてくれると信じたからです
IMG_0053.JPG
「わくわくするね」
「この絵の中に入って行きたい感じがします」
「スイーツみたいでおいしそう」

実をいうと私は 作家さんでもなく 評論家でもなく 有名なコレクター でもない
偶然DMを見てやってきてくれた方の率直な感想が今でも胸に沁みています

今度 東京で個展をするときは
もっともっと観に来る人を楽しそうな顔にしてやろうと思います

- layer -

2011.4.11- 16 ギャラリー白(大阪)

layer -展 開催にあたって

白2.jpg

植物の宇宙をテーマにした前回の個展から1年半が経った。

紙やキャンバスの上に自由な線を描くドローイングが好きな私は、
風景や建造物を即興で描き、また、そこへ即興で水彩彩色しにさまざまな所へ出かけることにした。
思い返すと、なかでも一番足を運んだのは太古の遺跡がたくさん点在する奈良だったろう。

それは正直とても驚きでしたが
のちに どうしてそのような形態の作品を制作したのかを考えてみると
オブジェクトのイメージを振幅 増殖 するために
製作途中でいろいろな角度から眺めたり 加筆することがあるからだと
気がつきました

IMG_0495.JPG
きっかけは松本清張「火の路」を読んだことに始まる。
奈良の巨石文明の謎を見てみたい、斉明天皇が生きていたという場所の空気を感じてみたい。
それだけのきっかけが、遺跡や古墳を回るうち、新たに邪馬台国の本当の場所や、
日本古代史の学者の研究結果と通説との違いなどが見えてきて、興味が湧けば湧くほど奈良に
通ったような気がする。

私がこのたびこの-layer- シリーズのために、小説を読んだり、専門書を読んだり、時には
直接関係ないだろうとも思える橿原考古学研究所へも足を運んだことは、今思えばタブローを制作する
バックグラウンドで大きな意味があった。

考古学研究所で見た箸墓古墳(卑弥呼の墓として有力候補)から出土した土器を見たときの
なんともいえない感動と太古へ思いをはせる気持ち。
その昔の人々が見ていただろう景色を実際に歩いて想像すること。
・・・そのひとつひとつに濃い意味づけがなされ、必然とドローイングの線や色彩にも
多大なる影響を与えてくれたと感じている。

PLANTS-PLANET

2009.10.6 -11 ギャラリーa (京都)

PLANTS-PLANET展 開催にあたって

個展1'-1.jpg

身近にある草花が好きである。
それらを細部まで観察すること。・・・それは思いもよらぬ発見と感動を私に与え、観察すればするほど宇宙のイメージと重なり合ってくる。手元にある小さな植物が広大な宇宙を想起させることが、私の表現の源となっている。

IMG_0635.JPG

宇宙と植物の関係に着目しながら、私は植物のイメージの集積を目指して作品を作っている。
イメージの集積とは、文字通りキャンバス上にイメージを積み上げることである。
植物の細部や全体的なフォルムを感じる心の動きを、視覚の動きを追うようにキャンバス上で筆に連動させ、それを繰り返し画面上にPLANTSというPLANETを創り上げる。
感覚的で自由な線による描写。
ドローイングという方法をあえてタブローに描くことを選ぶ理由は、自分の視覚のフィルタを通した画像や、心の動きを伴った画像をより直接的にキャンバス上に投影できる方法だと考えたからである。



この時点で大切にしていることは、モチーフに相対した時の心の動きであって、決して画面が説明的や論理的にならず、作者の視覚フィルタを通した世界を現象化させるということである。
私でなければ感じ取れない世界観を人に伝えることを大切に考えている。

なお、宇宙に対する言葉としてPLANETを選んだ理由は、「迷い歩く人」「放浪するもの」という原義に、想定を超える事象の魅力を感じたからである。